私どもの想い

マリーナ甘夏ファームは、海と山に囲まれた三重県尾鷲市の山の上、日本の原風景ともいえるような、昔からの自然に囲まれた静かな場所にあります。
マリーナこと柳川めぐみは、そんな自然溢れる素晴らしい場所で甘夏みかん農家をしていた両親の元に生まれました。

両親と兄が一生懸命育ててきた甘夏みかんを、もっともっとたくさんの方に食べていただきたい、甘夏パワーを世界に広めていきたい・・・そんな想いで、2015年4月より甘夏みかんの栽培に取り組んでいます。

甘夏マリーナファーム

 

大自然の恵みを余すことなくご提供したい

 

日々、甘夏の木と向き合っていると、甘夏の木本来が持つエネルギーの大きさに驚きます。人間が手を加えなくても、大地からの栄養をしっかりと吸収し、太陽の光で光合成をして、りっぱな甘夏みかんが育つのです。

収穫し、もぎたての甘夏みかんを食べてみると、ジューシーでさっぱりしていて、それでいて味はしっかりと甘酸っぱい♪
初めて自分たちで栽培した甘夏を食べたとき、「自然の美味しさってこんなにシンプルなんだな」と驚きました。

太陽のエネルギー

 

甘夏の木も私たちも同じ地球の一部

 

自然のままの食物だから、私たちの体にすーっと入っていくのですね。
そんな大自然の恵みをまるごといただくことで、食べる人みなさんがどんどん元気に、ハッピーになっていくことを実感いたしました。

このような体験から、日々、自然の恵みに感謝しながら、農薬や化学肥料、有機肥料を使わずに、日本が誇る発酵技術から誕生した発酵液、そして愛と祈りをこめて甘夏みかんの栽培を続けています。

マリーナ甘夏ファームオーナー

 

甘夏みかんで元気な地球に

 

マリーナ甘夏ファームを始めた当初より、ファームに入ると必ず甘夏みかんに声をかけています。
甘夏みかんの木一本一本と対話をしながらの栽培はとても楽しく、また自分自身も癒されるとき。朝、甘夏みかんのお世話をしに畑に入ると、元気が出てくるのを感じます。まるで地球のパワーをチャージしているような、とっても贅沢な時間です。

都会から戻ってきたら、甘夏の木に抱きついてパワーをもらいます。心と体の浄化をしているのでしょうか、元気になるのです。甘夏みかんの持つ生命力は凄いなと感じる瞬間です。

日頃、お仕事に家事に勉強に・・・、少しお疲れ気味の方にはぜひ召し上がっていただき、元気になっていただきたいと思いながら毎日甘夏みかんを育てています。

甘夏みかん

 

 

宣言文

 

私どもは、以下の想いで甘夏みかんの栽培を行っています。

 

1)マリーナ甘夏のミッションは、宇宙が喜ぶ甘夏みかんです。これは、甘夏を着手したスタート当初から変わりはありません。

2)すべてのマリーナ甘夏の木がそれぞれの意思を持ち実らせてくれた甘夏はすべて、翌年の花が咲き終わる6月頃までにお客様にお届けし、元気な毎日を過ごしていただきたい。

3)甘夏の木が輝けば、その甘夏を食べた人は本来のご自身の輝きをより輝かせることができます。

4)甘夏の木が、一本一本光り輝けるように、私ども夫婦がお手伝いをさせていただきます。

5)甘夏農家は、私どもを含め、他の農家の方も高齢者へと近づいていきます。後継者もいないため、このままでは甘夏農家の貴重な農業が途絶えてしまう可能性があります。今後、発展させるためにも甘夏の加工品の開発に力を入れて基盤を整え、若い世代の方々が安心して日本の農業を営めるような環境をつくります。神様が応援してくださるならば、そこに私たちをお使いください。

6)マリーナ甘夏ファームに、日本国民だけでなく外国の方も訪れ、甘夏が世界へと広まっていきます。世界文化遺産に指定された熊野古道のある尾鷲市に外国の方が訪れ、甘夏を通じて地域の活性化にもつながるようになります。

7)大自然の宇宙が与えてくださった恵みに添い、自然の摂理を最大限に尊み、甘夏をお世話させていただき、安全で安心でエネルギーに満ち満ちた甘夏を提供していきます。無農薬、無化学肥料、無有機肥料で栽培していきます。

8)感謝の気持ちを持ち、ありがとうの言葉がけを心がけ、実践していきます。

9)マリーナ甘夏ファームにくる事で、楽しく癒され喜び元気になり、健やかになる!そんな場所になります。

 

2018年11月 柳川明彦・めぐみ